なんでフィリピン人は公用語のタガログ語のほかに英語が話せるの?

フィリピン人の公用語はタガログ語(フィリピン語)ですが、半分くらいの人が英語もペラペラなんです。
ネイティブかと言われるとちょっと違うけど、フィリピン人は英語が得意な人種であることは間違いありません。


じつは、オンライン英会話の先生でフィリピン人が占める割合は確実に半分以上です。
正確な数字はちょっと分からないけど・・・www

タガログ語を覚えることがフィリピン人と仲良くなるポイントではありますが、はじめは英語でコミュニケーションをとるのも効果的なんですよ。

ここではなぜフィリピン人が英語が得意なのかをフィリピン人の私が詳しく説明します。

フィリピン人が英語が得意な理由


私が考えるフィリピン人が英語を話せる理由は3つです。

  1. 親とか家族のみんなが英語を話せるから
  2. 3〜5才から学校の授業で英語を学ぶから
  3. 日本を含む世界に出て仕事をすることに憧れているから

言葉そのままの意味ではありますが、もう少し詳しく説明していきますね。

親とか家族のみんなが英語を話せる

詳しいきっかけは分からないのですがフィリピン人は古くから英語が話せます。
おそらく戦争の関係だとは思いますが、タガログ語のほかに英語も引き継がれているんですよね。

家族が英語を話せるので小さい頃から教えてもらえるんです。
私のおじいちゃんやおばあちゃんも英語がペラペラでした。

3〜5才から学校の授業で英語を学ぶ

そもそも学校の授業で英語があるのが、フィリピン人が英語を話せる理由です。
日本でも英語の授業はあるそうですが、フィリピン人の場合は3才くらいのころから英語を学ぶケースもあるんですよ。

日本を含む世界に出て仕事をすることに憧れているから

フィリピン人は家族をとても大切にします。
もちろん日本人も家族は大切だと思いますが、ちょっとだけ考え方が違います。

親が食べさせていくという考え方ではなく、家族の誰かが家族のことを養っていくという考え方です。
フィリピン国内でなくても家族のためにお金を稼ぐという目的で海外で仕事をすることに憧れています。

もちろん、フィリピン国内でも良いかもしれないけど、、、やはり給料が安いのが理由ですね。
つまり、海外で仕事をするためには、英語が必要になるということです。

家族のために英語を学び英会話ができるように勉強するから英語が自然に得意になるわけです。

フィリピン人にとってはどっちの言葉が大事なの?


ちょっと答えにくいけど、タガログ語と英語、どちらが大事な言葉かと問われたら私は間違いなくタガログ語と答えます。

自国の言葉だからというのが理由ですが、英語もフィリピン人にとってみたら大切な言葉なのは間違いありません。


今回は少し角度を変えてフィリピン人の私が考えるフィリピン人が英語を流暢に話すことができる理由を綴ってみましたが、いかがだったでしょうか?

ちなみにフィリピン人は、2012年に米国Global English社が78ヶ国における137,000人の従業員を対象にした「ビジネス英語スキル」に関する調査を実施した結果、ランキングで世界第1位になったくらい本当に英語が得意なんですよ!

最後に自国の自慢みたいになってしまいましたねww