気になるタガログ語の言われたくない悪い言葉・悪口 15選

タガログ語 悪口

タガログ語が分からないと、自分は悪口を言われてるんじゃないの?と思うことがあるかもしれません。

悪い言葉は覚えないほうがいいですが、気になることがあると思いますのでいくつか紹介します。

本当に言われたくない言葉もありますが、顔の表情や口調で本気か冗談か変わってくるので、言葉だけでは判断しないようにしてくださいね~。

タガログ語の悪い言葉・悪口 15選

アホ!

Baliw.
バリゥ

※英語でいう「クレイジー」。
柔らかい口調で言えば、「アホだなぁ」のようなニュアンスになります。友達との会話などで冗談で言ったりします。

バカ!(男性に対して・男女共通)

Gagu.
冗談交じりの場合「ガーグ」と伸ばします。
本気の場合「ガグ!」

バカ!(女性に対して)

Gaga.
冗談交じりの場合「ガーガ」と伸ばします。
本気の場合「ガガ!」

バカ(喧嘩ごし)

Leche ka.
レチェ カ

よく喧嘩中に飛び交う「てめーはバカか」といったニュアンス。やんわり言えば友人であれば冗談で通じます。

バカヤロー!

Tarantado.
タランタード

バカより強い言葉。
親しい間がらでは冗談で通るレベル(口調にもよる)ですが、そうでなければ喧嘩になるでしょう。

低能・頭が悪い

Bobo.
ボボ

言われたくないですね。

臭い

Baho./Mabaho.
バホ(悪臭)/マバホ(くさい)

フィリピン人が「言われたくない」言葉の上位です。

ブス・かっこ悪い・醜い

Pangit.
パンギッ

面と向かって言われると傷つきます。

お前の母親は娼婦

Putang ina mo.
プータン イナ モ

日本でも「お前の母ちゃんでべそ」と言ったりしますが、その悪口よりも強烈な悪口です。
家族を非常に大切にするのがフィリピン人です。

このクズ野郎!

Anak ng pating.
アナック ナン パティン

直訳すると「鮫の息子」ですが、本来はpating(鮫)はPutang(娼婦)を意味しています。

Putangはあまりに汚い悪口なので、つづりが似ているpatingに変えて冗談っぽくしています。

この恥知らず!

Walang hiya ka.
ワラン ヒヤ カ

フィリピン人は、恥をかくことに対して敏感なので、Walang hiya ka!と強い口調で言われるとひどく傷つきます。

この言葉を言われたら、The end・・・
相手と関係を切りたいレベルの時に使う言葉です。

死ね

Mamatay ka na.
ママタイ カ ナ

文字通りきつい言葉です。

殺すぞ

Papatayin kita.
パパタイン キタ

フィリピン人は日本人よりも熱くなりやすいです。

お前のことなんて知らねーよ

Bahala ka sa buhay mo.
バハラ カ サ ブーハイ モ

「もう、あなたとは関わりたくない」といったニュアンス。

直訳すると「あなたの人生なのであなたに任せる」ですが、この言葉で相手との関係性が終わるでしょう。

尻軽

Landi.
ランディ

官能的に異性の気を引こうとしたり媚を売る人。

タガログ語の悪い言葉・悪口 15選まとめ

いかがだったでしょうか。

悪い言葉ほどすぐに覚えてしまいがちですが、うっかり言わないようにしたいものですね。